月別アーカイブ: 2020年5月

彼女居ない歴=年齢だった私がC・ロナウドばりの美ボディを手に入れた結果wwww

パリピなイケイケギャルをGETしちゃいましたwww

イケイケギャルをGETする事になるきっかけは1年前の出来事に遡ります。

「あの時あんたに振られて良かったわ」

ちょうど去年の今頃だろうか。

中学時代の同窓会で15年ぶりに会った、卒業式の日に私に告白をしてきた女性から告げられた一言です。

その時の私はちょうど30歳、彼女もいないどこにでもいるしがないサラリーマンでした。

ただ1つ他の人と違ったところ、それは「太っている」というところでした。

ですが、私の父親もそうだったし、周りの上司だって同じ感じで、正直、自分が太っている事に対してそこまで気にはしていませんでした。

それに、自慢ではないですが中学時代の私は結構運動が得意な方で、サッカーで県選抜に選ばれた経験もあります。

親も教育熱心な方で、文武両道、塾にも通い、成績もそこそこな方でした。

そういった事もあってか、中学時代は結構人気のある方で、卒業式の後には6,7人の女子から告白された経験もあります。

そんないい思い出ばかりの中学時代、その同窓会が去年開催されてので楽しみに参加する事にしました。

まるで凶器のように浴びせられる罵声の数々

しかし現実は、私が思い描いていた中学時代の栄光とは懸け離れたものでした。

久しぶりに会った友達から、

「太ったなーお前w」
「ほんと、変わったわ」
「すごく変わったね、太ったよね」
「周りからも太ったって言われてるでしょ?」

と、次々と笑いながら罵声の雨を浴びせられました。

実際に本人たちは悪気があって言ったのではないのかもしれませんが、笑いながらけなされている感じで、とても嫌な気持ちになりました。

そんな時、1人女性が私の話で盛り上がっている輪の中に入ってきました。

その人こそ、当時卒業式の日に私に告白をしてきた女性です。

当時とは見違えるほど美人になっていて、大人の魅力溢れる素敵な女性になっていました。

過去に私に告白してきたくらいですから、ぶっちゃけ今でもまだ私の事が気になってたりしてと少し期待し声をかけてみると、

「え?あぁ、ごめん、誰だかわからなかった。」

と、かなり冷たくあしらわれてしまいました。

続けざまに

「なにもここまで不細工になっていなくても・・・。あの時あんたに振られてて良かったわ。」

と言って、まるで気持ち悪いものから逃げるかのようにすぐに立ち去っていってしまいました。

太っていると生きている資格がないのか??

そんな捨て台詞を吐かれた僕の姿を見て周りの友達たちはクスクスと笑いを堪えるのに必死・・・。

こんな惨めな思いをしたのは人生で初めて、たまらなくなり私は走ってその場から逃げ出しました。

同窓会が始まってまだそんなに時間が経ってないのに電車に乗ってる私。

行かなければ良かった、帰りの電車の中一人で泣きそうになっていました。

あくる日、実は会社のみんなも私の事をそんな風な目で見ているのかと考え憂鬱な気持ちで出勤しました。

「おはようございまーす。」
(太ってるんだから近寄らないでよ。)

何気なく挨拶を交わした部下の女性ですが、私にはそう言ってるようにしか聞こえなくなってしまいました。

笑顔で挨拶してくれるけど内心めちゃくちゃけなされてたりして・・・。

なんだか本当に憂鬱でたまりませんでした。

そんな時ふと目に入ったのは普段結構仲良くしている部下の男の子。

その子は入社2年目で、入社当時から結構悩みなどを私に相談してくるかわいい部下です。

しかも身長も高く、結構イケメン。

相談事があればいつも決まって私の奢りで飲みに連れて行っていました。

なぜその彼に目が止まったかというと、実は彼、飲みに行く度に結構食べるんです。

なにやら飲むとアテが欲しくなり食べるのが止まらなくなるんだとか、家で1人飲みの時もそうみたいです。

今までは、

また飲み代高くついてしまうなーーー。
でもまぁかわいい部下の相談事だし仕方がないか。

なんて思ったりしてましたが、その日に限っては、

そもそもなんで飲む時にあんなに食べてるのに俺みたいにならないんだ?
むしろいつも美ボディを自慢してくるし・・・。ナゼなんだ!?

気になって気になって堪らなくなり、いつもは相談を受ける身でしたが、思い切って相談してみようと彼を飲みに誘う事にしました。

俺の美ボディっすか?
こんなん楽勝っすよwwwww

彼と飲みに行き、ある程度お酒も入ったところで単刀直入に聞いてみました。

慎吾、お前の美ボディ本当に凄いよな、かなりトレーニングしてんの?

既に散々飲み食いしている彼ですが、普段はよほどストイックに鍛えているんだと思っていましたが、返って来た答えは余りに予想外な回答でした。

あぁ、俺の美ボディですか?こんなん楽勝っすよwww
トレーニングなんて週2~3回趣味程度でしてるだけっすwww

おいおい待てよ、そんなわけないだろ。
今日だって既にかなり食ってるし、飲む時はいっつもバカ食いするんだろ?
なのになんで!?

同窓会で言われた事をかなり深刻に考えていたせいか、キツい口調になってしまっていたみたいです。

そんな、俺が食べても呑んでも美ボディだからって怒らないで下さいよ(汗)
んーー、どうしようかな、言っちゃおうかなー・・・。

ものすごくもったいぶった口調で話す彼、何やら秘密があるっぽい!

なに!?言っちゃおうかなって!?
教えて!!!

我を忘れて彼に食いつきました。

わかりました、実は周りには秘密にしてたんですが先輩怒ってるしこっそり教えてあげます。
実は俺、高校までスポーツもダイエットもしてこなかったブヨブヨ男だったんすよ。
でも就職するってなって、やっぱ見た目も大事だよなーって。
そこで友達から教えてもらったのが”これ”なんすよ。

彼はおもむろにカバンの中から黒い袋を取り出し、中から白いタブレット状の物を見せてきました。

え、なにこれ?
ちょっと待って、お前これヤバいやつ?

白い錠剤で、アウトな薬を飲んでいるのかとちょっと焦りましたが、実は違いました。

彼曰く、これは「HMB」という成分がふんだんに入ったサプリメントだそう。

なんだよ「HMB」って、って感じでしたが、ここは彼の話を真剣に聞こうと思い色々と質問を。

なにやらHMBというのは、アミノ酸の一種である「ロイシン」が体内で分解されてできる代謝物質の事みたいです。

なるほど、プロテインみたいなやつか、と思っていましたが、ところがどっこい。
プロテインだと必要なものが届くまでに非常に遠回りをしているそうな。

流れ的には、

プロテイン(タンパク質)を摂ると、アミノ酸に分解。

その中でも重要なアミノ酸といわれる、「ロイシン」がさらに分解されてできるのが「HMB」。

プロテイン(タンパク質)→分解→ペプチド→分解→アミノ酸(ロイシン)→分解→HMB→ダイレクトにお届け!

こんな感じらしいです。

プロテインなんてもう古いっすよwって笑われてしまいました。

そんなHMBを「1g」つくるには「約20g」のロイシンが必要で、それならばHMBそのものを摂取した方が効率が良いとプロの選手も愛用しているんだとか。

その証拠にと言わんばかりに彼はスマホで色々と見せてくれました。

サプリメントだからプロテインみたいにシェイカーも不要だし、不味いドリンクとはおさらば、いつでもどこでも手軽に飲めるので常に持ち歩いてるみたいです。

彼が週2~3回趣味程度のトレーニングで現在の美ボディを手に入れた秘密はまさに「これ」だったようです。

余りに詳しく説明してくれる彼を見て、説得力もあり私も彼の持つ白い錠剤が欲しくてたまらなくなり、今すぐ通販で買おうとしたら彼から、

ちょっと待ってください!
もうここまで話しちゃったし、隠すのもアレなで言っちゃいますけど、俺これ8,000円以上お得に買う方法知ってるんですよ。
先輩普通に買っちゃったら一瞬で8,000円近く損するところでしたよ。

そう言ってLINEで僕に専用のサイトを送ってくれました。

よかったー、まだやってた。これ、最近人気過ぎて一定数に達したら終了しちゃうみたいなんですよ、初回限定500円で試せるコース。
しかも確か120日間の返金保証付きなんで合わなかったらやめちゃえばいいと思いますよ。

私も彼みたいな美ボディがほしい!その一心でその場で注文してしまったのを今でも覚えています。

※終わっていたらごめんなさい!

今ならまだキャンペーンがやっていますが、もし終わって8,000円損してでも手に入れる価値はあります!

私のその後は追伸にてお届けしますね・・・。

あれから数ヵ月後・・・

トレーニングは毎日やるのではなく、しっかり間隔を開けてやって下さいねという彼のアドバイスの元、軽い気持ちで週に2~3回、私もしてみることにしてみました。

ただ、その前にしっかりとHMBアルティメイトを飲んでから。

まぁそんないきなり変化を感じるわけないわなーとか思いながら実際に行ってみたところ、明らかに定着している!という印象を受けました。

HMBを飲んでトレーニングしたら本当にヤバいです。もうパンッパンになります。

まさに、俺のボディが歓喜している!!みたいな感じです。(笑)

普通にトレーニングした後と全然違い、この感覚が病み付きになってしまいました。

そしてこれが現在の私の愛すべき美ボディです。

今まではブヨブヨで恥ずかしくて人前では見せられないだらしなさ、ファッションもいまいちでしたが、今では本当におしゃれな服も着こなす事が出来るようになりました。

職場でも「なんか最近かなり締まったな!!」なんて同僚に驚かれ、女性陣からはこっそり「かっこよくなったよね。」なんて言われたりして、素直に嬉しかったです。

そんな中少し気になっていた女性に休日、映画でも見に行かないと勇気を振り絞って誘ってみるとあっさりOK。

その日の内にいい感じになって今ではその子は私の彼女です。

(あんまり詳しく書くと反感くらいそうなので自粛します。笑)

後日談で彼女から聞いた話ですが、ある日突然スーツが物凄く似合うようになり、休日の私服のさりげない色気にノックアウトされたのこと。(笑)

それに私自身は意識していませんでしたが、態度や仕草から自信を感じ取れて、物凄く頼もしく見えたみたいです。

思わぬ副産物まで手に入れる事ができました。(笑)

自殺していたかもしれない・・・

正直、本当にあの時部下の彼に相談してよかったです。

あの日から私の人生は180度一転したのは間違いありません。

むしろ彼に相談せずにあのまま1人で悩んでいたら今頃どうなってるか、私は存在しているのか、考えるだけで恐ろしくなります。

彼とは上司と部下という関係を超越した中にまで昇華して、プライベートでも仲良くしています。

何よりの楽しみは彼と一緒にお互いの美ボディを自慢し合う事です。(笑)

想像してみて下さい

先日彼女と食事に行った時に撮った写真です。

人生は思わぬきっかけで激変します。

これまで友達に馬鹿にされまくっていた私ですが、今では、あなたのボディ スゴい!!と男女関わらずみんな触りたがってきます。

ほんの少しで本当に人生が変わります。

今のあなたはどうですか?

女性の方から触らせてほしい!と言ってくるあなたを想像してみて下さい。

勝手ににやけてきませんか?

彼にHMBを教えてもらえて本当に幸せです。

彼への恩返しではないですが、昔の私のように太っている事で悩む人が少しでも減るように、そして美ボディ仲間が増える事を願い、私の経験談をシェアさせて頂きました。

次はあなたの番です。

カテゴリー: HMB | 投稿者: